脇の黒ずみを予防する事は出来る?

脇の黒ずみの予防をする為には、まず最初にどうしてそうなってしまうか、原因を知る所から始めます。

黒ずみの原因は色素沈着と汚れの詰まりによって生じる場合が多くなっており、肌に負担を掛けたり乾燥した状態が続いてしまうと黒くなりがちです。これは、そうした刺激から肌を守ろうとする自然の作用です。

しかし実際に日々のケアを行う事によって、脇が黒くなってしまう事を予防する事は出来ます。

まず一つは保湿をする事で、出来るだけ肌が乾燥しないようにする事を目的として行います。そうする事によって汚れなどが詰まりにくくなる為、肌が黒くなってしまうのを防ぐ効果が期待出来ます。

もう一つは刺激を与えないようにして肌への負担を減らすようにすると言う事です。ムダ毛処理をする場合は剃毛の回数を減らしたり、プロに施術を依頼して肌に負担を掛けないようにします。

また洗った時の刺激も黒ずみの原因となる場合があるので、体を洗う時も沢山の泡で優しく洗います。そうする事によって肌への負担を軽減する事が出来るようになるからです。

これ以外にも脇の汗をこまめに拭き取ったり、衣服の刺激を減らす為に綿製品の服を着る、ゆったりとしたものを着るなどでも脇の黒ずみ予防は出来ます。

imag1

脇の黒ずみは重曹で改善する?

脇の黒ずみは、その種類によっては重曹を利用して改善する事が出来ます。

重曹と言えば掃除でもその効果を発揮する物として注目を集めていますが、実際使うと脇の黒ずみが薄くなっていきます。

ただ黒ずみにもいくつかの種類があり、実際に重曹の効果を感じられるのは、皮脂等が詰まって毛穴が汚れてしまったのが原因となっているタイプです。

毛穴につまった汚れは酸性なのですが、それを綺麗に取り除く為にはアルカリ性の物を利用すると言うのがポイントです。

ただアルカリ性であれば何でも良いわけではなく、弱アルカリ性でなければいけません。重曹は弱アルカリ性なので、肌への負担も少なく毛穴の汚れや皮脂を落とすのに適しています。

ただ掃除用、食品用、医療用等に分かれており、それぞれで粒子の細かさや成分が違っています。脇の黒ずみ対策として利用する場合は必ず食用の物を選び、他の物は選びません。

また使い方にも注意し、スクラブの様に利用すると肌に負担を掛けてしまうので、必ずパックする形で利用します。

パックのやり方は重曹と水を1対1の割合で混ぜ、ペースト状にしたものを黒ずみの気になる部分に塗り、10分放置します。

その後丁寧に洗い流し、化粧水等を利用して保湿するだけです。

imag2

脇の黒ずみは保湿クリームでケア

気温があがり肌を露出する機会が増えると、気になってくるのが脇のケアです。脇のケアにはムダ毛の処理のほかに、黒ずみの予防もあげられます。

肌が黒ずむのは、肌の中でメラニン色素が増加することが原因です。メラニン色素が増える刺激といえば紫外線による刺激が有名ですが、ほかにも衣服による摩擦や、ムダ毛処理による刺激も含まれるので注意が必要です。

摩擦やムダ毛処理による刺激は、肌が乾燥していると大きくなる傾向になるので、しっかりと保湿ケアをして防ぐようにしましょう。

また、すでにできてしまった黒ずみも、保湿ケアすることで薄くしていくことが可能です。化粧水やクリームなどでケアする場合は、塗布するタイミングが大切になってきます。

なぜなら、脇は汗や制汗剤などで汚れが付着しやすい箇所だからです。肌が汚れている状態で化粧水やクリームをぬっても、有効な美容成分が肌に浸透しにくくなるので注意が必要です。

さらに、化粧水やクリームが汚れを毛穴に閉じ込めてしまう可能性もあるので気を付けましょう。保湿ケアをする前に肌の汚れを綺麗に洗い流し、その後、すぐにケアするのがおすすめです。

肌を刺激しないように優しく塗ることで、少しずつ黒ずみが改善していきます。

imag3

原因を知ってますか?

薄着をする季節になると、気になってくるのが脇のケアです。海やプール、温泉などでも人目につきやすくなるので、日ごろからしっかりと脇のケアをしておくことは大切です。

脇のケアで真っ先に思いつくのはムダ毛の処理です。このムダ毛の処理の仕方が間違っていると、肌の黒ずみの原因となるので注意しましょう。

肌の黒ずみの原因と言えば、紫外線による日焼けというイメージが強くありますが、脇の黒ずみの原因は紫外線ではなく、ムダ毛処理の刺激のほうが大きくなります。

さらに制汗剤による肌ダメージや、衣服の摩擦による肌負担が原因になってきます。これらの要因を頭に入れて、肌をいたわるように扱うことで、脇の黒ずみを予防することが可能です。

まずはムダ毛の処理をおこなったら、必ずアフターケアをするようにしてみましょう。ムダ毛の処理をした後の肌は、刺激にとても敏感になっているので、化粧水やクリームを使用して保護してあげることが大切です。

肌に水分を与えるとバリア機能が向上して、刺激に強い状態にすることが期待できます。すでにできてしまった黒ずみを薄くするには、美白成分が配合された化粧品がおすすめです。

アルブチンやビタミンC誘導体は、美白効果が強いので意識して補うようにしてみましょう。

imag4

脇の黒ずみやかゆみを防ぐには?

脇の色が黒ずんでしまったりかゆみが発生したりして悩んでいる女性は、実は珍しくありません。

黒ずみが発生するとノースリーブや水着などを着るのに躊躇してしまいますし、かゆみは程度によっては日常生活に支障をきたす場合もあります。

一旦黒ずみが定着してしまうと元の色に戻すのは相当困難ですし、かゆみも一旦発生してしまうと治すまでも面倒です。

自宅で脇の無駄毛を処理するときには、カミソリや電動シェーバーでそったり、毛抜きで抜いたりするのが一般的です。

思い立ったときにすぐにできてとても便利なのですが、間違った脇毛の自己処理が、黒ずみやかゆみを招いている可能性もあります。

脇の皮膚はやわらかく本来非常にデリケートで、素肌を直接そったり毛を抜いたりすると肌に相当の負担がかかっています。

内部出血が起こって色素沈着で皮膚が黒ずんだり、毛を抜く際の刺激によってかゆみが引き起こされたりするのです。

毛を抜くと毛穴が広がって次に太い毛が生えてきたり、汗腺から出るにおいが強くなりやすいという弊害もあるので尚更避けるべきです。

脇のトラブルと無縁でいるためには、手入れの際に肌に刺激を与えないよう除毛専用クリームを使うなど気を遣うことが大切です。

imag5

その他情報を紹介

黒ずみで悩まされるのは脇だけではありません。

その他さまざまな部位で黒ずみというものは発生してしまうものです。

そういった黒ずみ対処をするためには、まずどんな対処法があるのかを知るということですね。

そうすることで、数ある対処法から取り入れやすいものを選ぶことができるからです。

対処法などについて知るなら、黒ずみ情報の話題が豊富なウェブサイトを見てみることをおすすめします。